スロ稼働 フワフワな立ち回り。について。

 

「まぁ、触りでやってみますかね。。」

 

と、根拠の薄い立ち回りをすると
どうしてもフワフワしちゃいますね。

 

もっと言うと
展開次第でお尻がかなり軽くなります。

 

そして

案の定、6台を打ち散らかし、
フワフワ祭り。。

 

 

 

どーも、ハナです。

 

差枚は何とかプラスで終えましたが
こういう動きが良いのか悪いのか。。

それは、

 

 

メンタル次第。

だと思います。

 

 

負けてしまった時、限定で話を進めますが、

簡単に折れないアグレッシブさがあればそれはそれで
全くOKでしょうし、反対にまあまあの負債を抱えてしまい
それがメンタルに響くようであればそういう立ち回りは
やるべきではないのかもしれません。

 

 

期待値が見えない設定狙いは思いのほか難しく
高設定だからと言って簡単に出るわけでもありません。

 

「まぁ、触りでやってみますかね。。」

は、当たれば良いですが、
逆だと投資はあっという間に膨らんでしまうんですよね。

 

 

仮に、そういう状態で、

 

 

さっきまでやってた台、めっちゃ出てるし。。

・・しかも高設定っぽいし。。

 

 

h4m0tebc

 

↑こんな感じになってメンタルにグサり、
その後の立ち回りに影響してくるようであれば
デンジャラスw

翌日まで引きずります。。

 

 

 

・・・(´・ω・`)。

 

 

 

ただ、原点に戻ってほしいのですが、

スロットで勝つための原理原則は、

 

 


期待値を取る。

 

 

と、いう事です。

 

それを踏まえれば、


打たないよりは打った方が良いに決まってる。

 

 

わけです。

 

ホール滞在中であれば何もせずに時間が
経過していくよりも期待値を取る行動を意識する。

 

設定④を300回転回して勝つ250枚と、
設定④を9000千回転回して勝つ250枚とでは

差枚こそ同じですが全く違います。

 

 

 

重ね重ねになりますが、
見えないものを追うのは思いのほか難しい。

期待値がプラスなのかマイナスなのか。
見えないわけですから。

 

 

でも、

設定を狙う以上やるしかない
打つしかないわけです。

 

 

プラス調整なのかマイナス調整なのかを
見極めて可能な限り打つべし!

ですね(^^;

 

---スポンサード リンク---


コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

このページの先頭へ